「鬼平犯科帳」がアニメ化される話

日本を代表する時代小説作家・池波正太郎原作「鬼平犯科帳」がビジュアルを現代風に変えてアニメ化されるというニュースをみました。
鬼平犯科帳も大好きならばアニメも好きです。それ故に、好きなものは相容れないというのが私の法則です。
最初にこのニュースを聞いたときは、てっきりさいとうたかを画の漫画版「鬼平犯科帳」がアニメ化されるのかと思いましたが
ところがビジュアルを見てみると、鬼の平蔵は現代の人が喜びそうなキャラクターになってしまっていました。
昨今のルパン三世やブザービーターを手がけた宮繁之がデザインを担当したそうです。
見出しには「鬼平が現代風イケメンに!」と綴られていましたが、どこかルパン三世を江戸に移した感じだけのキャラクターに感じてしまい
これを本当に放送する気なのかなととても複雑な心境になってしまいました。
鬼平犯科帳は大好きで小学生の頃から本とドラマを祖父の傍らでいつも欠かすことなく見ていました。
どうもファンにとってはあまり芳しくないニュースかもしれません。
新しいファンを改築できる可能性は高いと思いますが私は遠慮しておきます、とニュースを知ったツイッターを観ていたら
宇多田ヒカルが全力で否定的だったので少しほっとしました。やっとミラドライをできた

ためておくというのが一番の方法ですね

これだけしておけばいいと前から思っていましたが、支払い方法にもよるのだとおもっています。
たとえば、5年間、年収が100万だったとして、それを貯金しておいて、毎月の収入が、66000円として、これに、何かの内職で、プラス30000円だったとします。
この間、貯金はしてあります。
となると、年収が100万×5になります。これで、学費を一括というよりは、学校様が言われている金額で支払っていくのが、ベストだと僕は思っています。
先にためておいてから、学んでおくというのは、でかいですね。
自分で借りるような感じになってきますが、まあ切り崩すという表現もありますが、人間は最低限の資金がると、生きていけるものです。
そう考えると、貯金は大きいと思っています。
本当に若い時って、学びたい事なんて沢山あります。
でも、うまくいかないのが、金との兼ね合いで、借りるというのは、よくわかる話なのですが、返せなくなるというのは、予期せぬ事態であったり、色々なので、一概にはいえません。湘南美容外科は両国にもあります